買うタイミングに気をつける

時計はいつ購入しようが値段は変わらないと思っていませんか?ところが、海外ブランドの腕時計は為替相場の変動を受けて値段が変わることがあるんですよ。ドルやユーロの相場をチェックするのはもちろん、多くの時計ブランドを生み出したスイスの通貨、スイスフランにも注目する必要があります。海外の為替が安くなれば時計も安くなる可能性がありますが、逆に為替が高くなれば時計の値段も高くなる可能性があります。ですから買うタイミングが重要なんですよ。

安く買うなら並行輸入品

高級ブランドの腕時計を正規代理店で購入すると、かなり高くつきます。サポートが充実しているなどのメリットもありますが、予算オーバーの可能性もありますよね。そんな時に便利なのが並行輸入品です。並行輸入品はお店が海外で直接仕入れた商品なので、本物でありながら正規店の時計より安いんです。ただ、並行輸入品の場合、同じブランドの時計でも店によって価格が違いますし、サポートの充実度も異なります。色々な店を探して、安くてサポートも充実した店を見つけるのが大切です。

10万円以下の腕時計はコストパフォーマンスが良い

高級ブランドの腕時計と言うと数十万円から数百万円と高額な商品です。時計にあまり詳しくない人が、こんな高い腕時計を購入するのはリスクが高いですよね。それに社会人の場合、余りに高級な腕時計を若い社員が身に着けていると、先輩や取引先の方に目をつけられる可能性があります。腕時計の場合、高いからといって機能性も高いとは限りません。10万円以下の時計でもデザイン・機能性に優れたコスパの良い時計がたくさんあります。いきなり高級ブランドの時計に行かず、10万円以下のコスパの良い時計から購入する方が、失敗するリスクも少ないですし賢いですよ。

IWCの時計は、様々なファッションとの相性に優れた上質さに加え、幅広いシーンにおいて活用できる機能性も備わっており、大きな満足感を得ながら使用できます。