結婚指輪の王道!プラチナの特徴

結婚指輪と言えば、永遠の輝きと言われているプラチナを思いつく方が多いですよね。実際結婚指輪にプラチナを選ばれる方は多いですが、純度によって主に「Pt1000」「Pt950」「Pt900」があります。数字は、純度を1000分率で表したものとなっています。ただし、Pt1000は純度100%ではなく99.95%です。勘違いしてしまうので、表記をPt999にする動きが少しずつ広まっています。現在の技術では純度100%のプラチナを作ることは出来ません。最も効果なのはもちろん純度の高いPt1000です。しかしプラチナは強度が弱いので、毎日身に着ける結婚指輪には不向きです。また、プラチナはもともと黒っぽい白をしています。そこで、パラジウムという白い金属を混ぜて強度を上げ、色味も鮮やかな白にしたPt950やPt900をおススメされることが多いでしょう。

ゴールドやホワイトゴールドも人気!

ゴールドやホワイトゴールドを選ぶなら、18金が最もおすすめです。プラチナと同じく、金は単体では強度が低いので銀や銅を割金として使用し、アクセサリーになっています。ホワイトゴールドの場合、割金にプラチナと同じくパラジウムを使っているので白くなります。純度は24分率で表されているので、18金なら75%が金です。他にも10金や14金のリングは存在していますが、これらは金の割合が半分程度かそれ以下なので、結婚指輪という一生ものとして扱われることは少ないです。プラチナのPt950やPt900より18金の方が強度はあるので、プラチナの代わりに18金のホワイトゴールドを結婚指輪にされる方もいます。しかし、いくら18金でも金の割合が75%なので、プラチナ90%のPt900よりも価値は下がります。価値を求めるならプラチナ、強度を求めるならホワイトゴールドといったところでしょうか。

宝石もつけてみましょう!

結婚指輪は毎日付けて家事をこなしたり、子どもが生まれたら子供の世話もあるので、なるべくシンプルな方が良いことは間違いありません。しかし、せっかくなら意味をもった宝石や誕生石、ダイヤモンドなどを付けたい女性はたくさんいますよね。そんな女性のために、結婚指輪には凸凹にならないように表に小さい宝石を付けることがよくあります。パッと見は何もついていないのではないかというくらい小さい宝石ですが、付けている本人にとってはうれしいことです。男性は表に宝石を付けないことがほとんどですが、指輪の裏側に付けることが出来ます。もちろん女性の方も表と裏両方に付けられますので、裏側に刻印と共に夫婦おそろいの石を付けたりするのも、密かな楽しみですね。

結婚指輪とは、主に結婚式の時に結婚のあかしとして夫婦で取り交わす指輪のことです。「マリッジリング」とも呼ばれ、左手の薬指にはめます。素材は金かプラチナで、宝石の入っていないものが多いです。